タオルドライで起こりえるダメージについて

さて、タオルドライ時に起こりえるダメージについてですが、シャンプーコンディショナー・トリートメント使用時と同様で、髪の毛同士の摩擦によるダメージが傷みの原因となります。

髪の毛が濡れているときは、角質(キューティクル)は柔らかくて傷つきやすくなっているので、そんな状態でワサワサとタオルで髪の毛を拭くなんて命取りです!

せっかくシャンプーコンディショナー・トリートメント使用時に、摩擦が発生しないよう注意していたのにここで髪の毛を傷つけてしまうなんてもったいないですよね。

タオルドライで重要なことは髪の毛の水分を吸収すること!
タオルはなるべく大きめで(バスタオル)吸収力の高めのものを選びましょう。

関連記事

管理人へのお問い合わせ
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。