シャンプーの仕方一覧

シャンプーで起こりえるダメージ

髪が傷む原因の1つにシャンプーなどのホームヘアケアによるダメージが挙げられることをご紹介しました。

ヘアケアをする際に最初にすることと言えばシャンプーですよね?
まず、シャンプーをする際に起こりえるヘアダメージについてご紹介したいと思います。

髪の毛の表面は通常、角質(キューティクル)で守られています。
しかし、髪の毛を濡らし表面が水分を吸いこむと、その角質(キューティクル)は柔らかくなり壊れやすくなります
そんな壊れやすい状態の時に、シャンプーでゴシゴシ爪を立てて洗ってしまうと髪の毛の角質(キューティクル)同士が擦れ合い摩擦で壊れてしまいます

そんな間違ったシャンプーの方法を毎日続けていくと、どんどん角質(キューティクル)が破壊してしまい、考えるだけでも恐ろしくなりますよね?!
だからこそ、正しいシャンプーの方法で美髪を目指していきましょう♪

正しいシャンプーの仕方

1.まずお湯だけで優しく丁寧に洗う(素洗い)

髪の毛の汚れはお湯で洗うだけでも十分に落ちます。
その時もゴシゴシ洗うとキューティクルが破壊してしまうので、指先を使い優しく丁寧に洗うことを心がけてくださいね♪

2.シャンプーの泡で洗う

お湯だけでも落ちない髪の汚れをシャンプーで落としてあげましょう。
その時もシャンプーを原液で洗うなんてもってのほかです!
シャンプーを両手で泡立ててから、そのシャンプーの泡で洗うことを心がけて下さい。
シャンプーの泡が、摩擦を防ぐ役目をしてくれるので優しく丁寧に洗ってくださいね♪

3.すすぎは丁寧にシャンプーの泡や汚れを残さぬよう時間をかけて丁寧に洗う。

すすぎを怠ってシャンプーの泡や汚れが残っている状態は、フケやかゆみの原因に繋がります。
実のところ、シャワーを使ってすすいでいる方はシャワーの水圧だけで十分で指先はほどんど不必要です。
すすぎの際のポイントはたっぷりのお湯を、頭皮や髪の毛に触れされること♪
たっぷりのお湯で時間をかけて優しく丁寧に水を加えるような気持ちで、汚れを洗い流しましょうね!

シャンプーの選択基準

なかなか自分にぴったりなシャンプーを見つけるのに苦労しますよね?
シャンプーを選ぶ際に基準にしていただきポイントは・・・

  • シャンプーの泡立ちがよく洗浄力は控えめなもの
  • 保温効果や血行促進、油分補給など頭皮に対し配慮しているもの

特に、上記のシャンプーの泡立ちがよいということが1番重要なポイントです。

正しいシャンプーの仕方でもご紹介しましたが、シャンプーの泡は髪の毛の角質(キューティクル)の摩擦を防ぐためにも重要なものです!

ぜひ、正しいシャンプーの仕方をマスターして美髪で女度UPを目指していきましょう!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。