ドライヤーのかけ方一覧

ドライヤーの重要性

皆さん、洗髪後はきちんとドライヤーを使って髪の毛を乾かしてから寝ていますか?
髪の毛を乾かさず寝てしまったり、タオルドライ後髪を自然乾燥にしドライヤーできちんと乾かさず寝てしまっている方は要注意です!!

ホームヘアケアで起こりえるダメージについてご紹介してきましたが、濡れた髪の毛は非常に脆くダメージを受けやすい状態です。
そんな状態のまま寝るという状態を繰り返しますと、髪の毛同士の摩擦によりどんどんダメージがひどくなり、美髪なんてほど遠くなってしまいます。

また、髪の毛をきちんと乾かさないでいるとかゆみなどの原因にもつながりますし、寝癖などついた状態(=髪質自体が変形していってしまう)になってしまいます。

しかし、ちゃんと髪の毛を乾かしたからと言って間違った方法を繰り返していると、ダメージがどんどん広がり悪循環を引き起こしてしまいます。

ホームヘアケアでは、洗髪から髪の毛を乾かすまでの一連の行為が美髪へのの道のりにもなります。
ぜひ、正しいドライヤーのかけ方をマスターしサラサラな美髪を目指していきましょうね!!

髪の毛が乾くまでに起こりえるダメージについて

髪を乾かすことの重要性についてご紹介しましたが、まず髪の毛が乾くまでに起こりえるダメージについてご紹介したいと思います。

ドライヤーの熱によるダメージ

髪を乾かす=ドライヤーの熱風で乾かすと頭に浮かぶ方が多いと思いますが、濡れた髪の毛は熱によるダメージを最も受けやすく、濡れた髪の毛は55℃前後の温度で変成が始まってしまいます。
しかし、100Wを越えるドライヤーから出る熱風はだいたい130〜140℃の高熱で、熱風を当てる時間が長ければ長いほど髪の毛は、55℃より低い温度でも変成が始まってしまいます。

自然乾燥によるダメージ

髪の毛が濡れている状態の時、髪の毛の内部は角質繊維同士の結合が外れた状態となっており、その結合は髪の毛が乾くにつれ再結合するという仕組みです。
乾くまでの髪の毛はキューティクルに物理的な力を加えるだけですぐ傷ついてしまい、濡れた髪の毛を引っ張ると乾いた髪の毛よりも軽い力で髪の毛が伸びてしまいます。
これはどういうことかというと、自然乾燥中の髪の毛をブラッシング(物理的な力)をすると伸びてしまうので、余計にダメージを受けることとなります。

上記でご紹介したドライヤーの熱によるダメージや自然乾燥時のダメージはデメリットとしてご紹介しましたが、ドライヤー・自然乾燥ともにメリットもあります。
正しい知識を身につけて一緒に美髪を目指していきましょうね!

正しいドライヤーの仕方

※まず、タオルドライ後に洗い流さないトリートメントなどを使い髪を保護してから乾かすのもいいですね!

1. 目の粗いクシで軽くとく

これは絶対にしなければいけない!・・・というわけではありません。
どうしてもほつれなどが気になる人は、目の粗いクシ(ホテルや旅館などでよくみかけるクシで100均にもあります)で髪をといてください。

2. ドライヤーで頭の上部を熱風で乾かす

頭の上部の髪を乾かすというより頭皮を乾かすと思っていただいた方がよりイメージが湧くかと思います。
水分は根元から毛先を移動するので、まずドライヤーを20cmぐらい離し熱風で頭皮(根元)を乾かしてください。
※一定の場所をドライヤーでずっと乾かしてしまうと髪の毛が傷んでしまうので注意しましょう!

3. ドライヤーで髪の毛の中間(耳上ぐらい)を熱風で乾かす

頭皮(根元)が乾いたら次は髪の毛の中間ぐらいまでをドライヤーの熱風をあてて乾かしましょう。
その時も意識するのは根元で、あくまで頭皮を乾かすことだけは忘れないでくださいね。

4. ここでいったん頭の上部〜中間(頭皮)の乾かしたところにドライヤーの冷風をあてる

ドライヤーの冷風をあてることにより、髪の毛のキューティクルを引き締めてあげる効果があります。
洗顔などでも冷水で毛穴を引き締めますよね?
それと同じように考えていただければイメージしやすいと思います。

5. 最後に毛先をドライヤーで乾かす

ここまでの段階で髪の毛はほぼ乾いているので、毛先は軽くドライヤーの熱風で乾かしてください。
ここで熱風をかけすぎてしまうとキューティクルが傷み、せっかくここまで頑張っていた行為がムダになってしまいます。
100%乾かすのではなく80%ぐらいの気持ちで乾かしてくださいね!

ホームヘアケアでは、「シャンプーコンディショナートリートメントタオルドライ→髪を乾かす」までが一連の流れとなります。

ここまでご紹介した正しい方法をマスターし、毎日のホームヘアケアで美髪を目指していきましょう!

関連記事

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。