新商品(ドライヤーetc)一覧

シャープの「プラズマクラスタードライヤーIB-HD94」

2014年9月19日に、シャープの「プラズマクラスタードライヤーIB-HD94」が新発売となりました。

プラズマクラスタードライヤーIB-HD94の特徴は、約1.5m3/分の風量と、約50度の温風で地肌を乾かす『地肌エステモード』搭載の2点です。

ドライヤーは、いかに頭皮と髪の中の密封地帯に空気を吹き付けることができるかが重要ですが、プラズマクラスタードライヤーIB-HD94は、パナソニックや日立から販売しているハイスペックのドライヤーの中では、上位の風量を保持しています。
風量が高いほど、髪が乾くスピードが速くなるため、乾燥スピードを重視している方にもおすすめのドライヤーです。

また、プラズマクラスタードライヤーIB-HD94の『地肌エステモード』は、約50℃の温風で地肌をじっくり乾かす機能です。
さらに、プラズマクラスタードライヤーIB-HD94には、髪の表面温度を55℃以下にキープしながら、約85℃の温風で地肌を乾かす『あったかドライモード』も搭載しています。
濡れた状態の髪の毛は、55℃前後の温度で変成が始まりダメージを受けてしまうため、約50℃の温風をだす『地肌エステモード』はダメージを抑えることができます。

シャープのプラズマクラスタードライヤーIB-HD94は、デザインも美容室専用のドライヤーに近くスマートなフォルムです。
とにかく時間をかけてもいいからダメージを軽減したい方は、プラズマクラスタードライヤーIB-HD94をチェックしてみてくださいね。

パナソニックのドライヤー「ナノケアEH-NA96」

2014年9月1日より、パナソニックの大人気ヘアドライヤーの「ナノケアEH-NA96」が新発売となります。

ドライヤーナノケアEH-NA96は、ナノイーとダブルミネラルというミネラルマイナスイオン搭載で、ブラッシングやヘアアレンジによる摩擦によるダメージを抑え、髪の水分バランスを整えます

また、ドライヤーナノケアEH-NA96には、インテリジェント温風モードを搭載しています。
お部屋の室温が約30℃ならドライヤーの温度を約60℃に、お部屋の室温が約18℃ならドライヤーの温度を約110℃に……という風に、ドライヤーの温風の温度を下げ、暑い夏でも快適に髪を乾かすことができます。

パナソニックのドライヤー「ナノケアEH-NA96」は、前シリーズのナノケア EH-NA95と比べると、風量や消費電力自体は変わらないものの、ダブルミネラルを搭載したことにより、枝毛の発生率がさらに低くなりました。
ドライヤーを買い換えようとしている方は、ぜひナノケアEH-NA96をチェックしてみてくださいね。

パナソニックヘアドライヤーイオニティEH-NE60

パナソニックより発売中のヘアドライヤーイオニティEH-NE60は、風量が1.4m3/分(ターボ時)と従来のドライヤーより風量が若干UPしています。

イオニティEH-NE60は、温風のまわりから冷風が吹き抜ける温冷ツインフローを搭載しており、もちろん外側にはマイナスイオンを搭載しているので、美髪に必要不可欠な艶を与えてくれます。

イオニティEH-NE60は同じパナソニックから発売されているナノケアシリーズより値段がお手頃なので、ドライヤーを買い換えたいけど予算があまりない方などぜひチェックしてみてくださいね!

おすすめのドライヤー(マイナスイオン)


●Sorisイオンテクノロジー415

Sorisイオンテクノロジー415は美容サロンでNO.1のシェアを誇るSorisから新しく発売されたマイナスイオンを搭載したドライヤーです。
なんとマイナスイオンが1200万〜2000万という驚異的な数値を発生させる装置を搭載しております。
髪の毛の傷みがひどい方などにおすすめします。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。